何故陸送中にものを車の中に入れっぱなしにするのがあまり良くないのか

陸送業界では輸送されているの車の中に物を入れっぱなしにするのは場合によってあまり良くありません。その理由は多数あります。今回の記事では何故輸送中に物を入れっぱなしにするべきじゃないか説明します。

陸送の費用に関して重量がおおきな要因の一つであるから
大抵の陸送会社は陸送の費用を車輌の体重を基に定めています。車、トラック、SUV、ミニバン、荷台の付いているトラックはそれぞれ違う重量の階級に入っており、重ければ重いほど輸送費が高くなります。よって、重い荷物などが車の中に入っているとその分車が重くなるので輸送費が高くなります。
 

車の中に入っている物に保険がついていない
原則には陸送会社は車以外のものを輸送出来ず、通常は車内から私物を出しておいて下さいと頼みます。しかし言われない場合や見過ごされた場合に車とついでに高価なテレビやステレオとかを一緒に輸送してもらおうと考える人もいます。でもこの場合輸送中に壊れたり、盗まれたりしても陸送会社の保険は一般品には値しないので保証されません。もちろん車輌は損傷、盗難の保険がついていますが、中に入っている私物には保証されないので、それを覚悟しておかないといけません。

見積りを依頼したい場合092-892-123に直接我々の陸送プロに電話をするか、当サイトの見積依頼のフォームに見積り内容を記入して下さい。